S14山大福田SPLシルビア 年始から涙のクラッチ交換

      2016/03/04

S14山大福田SPLシルビア号のクラッチ交換です。
なぜに涙かと言うと、それは作業を始めた瞬間からだった。
ミッションケースを降ろすためにエンジンメンバーとミッションメンバーのナットがインパクトでも緩まない・・・(さすが20代の若者の締め付けパワーは強い)
ドリフトをよくしているらしく、アンダーカバーがないので雨、風、泥がまき上がり錆びも出ている。
浸透剤で一時間放置し、トーチで炙って緩ますことが出来た。
次にミッションを分離する時に、なぜか5ミリぐらいしか隙間が出ない・・???
よく見たらヒーターホースがひっかとるじゃないですか・・・(もう少しで破るとこだった)
DSCF0281.jpg
直したよん!
DSCF0282.jpg
次に取り付けるフライホイールの当たり面を綺麗に磨き修正!(多分蹴りまくるでしょうから)
DSCF0283.jpg
ディスクも洗浄液に漬けて乾燥し取り付け
DSCF0284.jpg
カバーも洗浄!(特にプレッシャースプリング周り)
DSCF0285.jpg
次にミッションケース関係です。前回からの疲労か、ピボット、スリーブ、フォークが全滅!!(どんな乗り方してんだ!?)
慌てて、純正部品注文!!(もうちょっとで、穴が空きそう!)
DSCF0298.jpg
交換部品です。
DSCF0296.jpg
ミッションケースを完璧洗浄し、オベロンのG55スーパーグリスを塗って組み付け!
DSCF0286.jpg
これでバッチリ!です。クラッチのストロークがカッパーミックスクラッチは変わりやすいので、
500キロぐらい乗ったら再調整しましょうね。
え~、今回の作業は学生さんの人間性というか人間味というかが見れて面白い作業でした。
NA改ターボ乗せ換えの車という事で、努力の跡もかなり見られました。(なかなかやるもんです!)
春になったら、アルバイトに来なさいよ!今の作業の完成度が、75%と見て、
自分たちの作業が92%位まで出来るように、作業を通して教えてあげられると思うよ。
(ヒントは丁寧さだね。人を乗せて走るものですから)
次はコンピューターやりたいね。ガツンとブーストもあげたいね。(フフフ!)

TSRロゴ アンダー

ガレージTSR

 お問い合わせはこちら

 - 超気まぐれ日記